YouTubeチャンネル登録者数300人の割合は?すごい?達成期間も紹介

みなさん、こんにちは。YouTubeを頑張っている華山です。

YouTubeを初めてみたけどチャンネル登録が伸びない、もしくは始めたいけどどんな感じで伸びていくのだろうと思っている方はいませんか?

そこで今回はYouTube登録者数が300人を達成した時の変化やすごさについてご紹介します。

300人超えたボクのYouTube

最初に300人超えたボクのチャンネルについてご紹介します。

ボクのチャンネルは「ノマド系ミニマリスト」(執筆当時)で、以下のような特徴があります。

  • 編集はなし
  • ジャンルは物や住居レビュー

ボクのチャンネルは基本的に無編集です。凝った編集はしていません。基本的に一発撮りで雑にあげています。

そのため、低評価がつくことも多いのですが、時間対効果を考えて最小限にしています。

また、ジャンルは買った物の紹介や今住んでいる場所の紹介を行っています。

ちなみに、その他にもチャンネルを運営していて、音楽のチャンネルもあります。

チャンネル登録者数300人はすごい?

分析ツールNoxinflencerを使用すると、チャンネル登録者数300人というのは全YouTubeチャンネルの中で上位の43.7%に位置します。

つまり、全体の上位約4割ということになります。

これを別の試験なんかで置き換えてみると、TOEICなら645点レベル偏差値なら52で2.4人に1人は超えているくらいです。

 

この数字がすごいかどうかの判断は人によって異なりますが、他の人より秀でていることは間違いないですね。

チャンネル登録者数300人までにかかった日数

チャンネル登録者数300人までかかった日数は2年7ヶ月です。巷では、すぐにいく人が多いですが、ボクの場合はそうは行きませんでした。

なぜなら、無編集なので、素人の手抜き動画をまた見たいと思わないのがひとつと、ジャンルがごちゃごちゃだったからです。

素人の無編集動画はハンデ

某鉄道系YouTuberや某メンタリストは無編集でただ喋るだけの動画をアップして再生回数を獲得してますが、同じように素人がやってもうまくいきません。

彼らはブランドがあるから多少手を抜いても大丈夫ですが、素人がやれば手抜きにしかならないのです。

しかし、編集に手をかければ、時間もかかるのでそこのバランスも考えるべきです。

方向性は決めるべき

そして、YouTubeを始めてからとりあえず思いついたことについて喋っていて、方向性が定まっていませんでした。

何をやっている人なのか最低限分からなければ、チャンネル登録する人も増えません。

中華料理屋なのか和食屋なのか、最低限分かってから安心してお客さんは入店するのと同じです。

ちなみに、ボクの再生されている動画の中では、大学院について語った動画の再生数が伸びていることもあり、今やっているノマド系のコンテンツとズレているのも問題に思っています。

だからチャンネル登録してもすぐ解除されるという事案がよく発生しています。

チャンネル登録者数300人で生活に変化は?

収益は出ています。

ただし、広告収入ではなく、物販による収入でして、それも月に20円とかのレベルです。

一方で、企業案件などの誘いはないので、生活に変化はないと思った方がいいかもしれません。

動画のクオリティを上げたいなら?

もし、動画のクオリティを上げたいと考えている場合は、動画編集のスクールに通うのがおすすめです。

エンジニア向けのプログラミング学習で有名になったTechAcademy [テックアカデミー]
は、動画編集コースもあり自宅でも学べます。

そして、フリーランスのビジネス系YouTuberで有名な佐原まいさんが運営する動画編集スクール【クリエイターズジャパン】

では、ソフトの扱い方はもちろん、動画編集の案件の獲得方法までノウハウを学べます。

また、大学生や20代の参加者が多く、質疑応答も充実しているSkillHacks(スキルハックス)
もおすすめです。

自分に合ったスクールを見つけて早く動画を伸ばすといいですね。

まとめ

今回はチャンネル登録者数が300人を超えて感じたことをご紹介しました。

早く300人の壁を突破したいという方は、最低限の編集をすることとジャンルを決めること、このふたつを守るべきだとつくづく思いました。

ボクはむしろ編集をしないで1000人超えてやろうかななんて思っているので、無編集界の伝説になりたいですね。

ぜひ、参考にしていただければ嬉しいです。