YouTubeの収益化条件の4000時間は難しい?ライブやショートは?

YouTubeで収益化するには、4000時間という収益化条件をクリアしなければなりません。

収益化はチャンネル登録者1000人ばかりに焦点が当たっていて、もうひとつの条件を忘れている人もいます。

たしかにYouTubeを始めた人にとって4000時間というハードルがどれくらい高いのかわかりませんよね。

そこで今回はYouTube収益化に必要な過去12ヶ月間の総再生時間4000時間について、難しさや達成期間、方法についてご紹介します。

素人がYouTubeのチャンネル登録者1000人を達成する中で見つけたノウハウや方法、そして成功のリアルな体験談を1冊の本にまとめました。Kindle Unlimitedに加入すれば、無料で読めます。ぜひ、YouTubeの収益化に役立ててください!
関連記事

Kindle UnlimitedはKindle本が読み放題になるサービスです。 月額980円で200万冊以上が読み放題になります。 非常に便利なサービスですが実際に使ってみなければ、使い勝手がどうなのかわかりませんよね。 そこで今回はK[…]

過去12ヶ月間の総再生時間4000時間達成は難しい?

過去12ヶ月間の総再生時間4000時間は難しくありません。どちらかと言えば、チャンネル登録者1000人を達成する方が難しいです。

逆に言えば、チャンネル登録者1000人に達する過程で4000時間を超えることは可能です。

関連記事

YouTubeで収益を得るためには、1000人ほどのチャンネル登録者が必要です。 ネット上では1000人の登録者を獲得するのは大変だと言われていますが、YouTubeをやっている人や始めようかなと考えている人にとって1000人がどれくらい[…]

ちなみに、チャンネル登録者数が500人しかいないチャンネルでも過去12ヶ月間の総再生時間4000時間を満たしているケースがあるので、こちらの方が簡単だと言えます。

簡単な理由としては以下です。

  • チャンネル登録したファンが動画を多く見てくれる
  • 再生回数が増えると動画の再生時間も伸びる
  • ライブ配信を行って熱心なファンがアーカイブを見てくれる

登録者が増えて熱心なファンが動画を見てくれることと、通常の動画に比べてカットもないライブのアーカイブが視聴されることを上手に使えるからです。

ライブ配信(生配信)とショートはカウントできる?

過去12ヶ月間の総再生時間4000時間について、ライブ配信とショート動画は以下のように考えられています。

  • ライブ配信:ライブはノーカウント、アーカイブはカウント
  • ショート:カウントされない(別の収益条件がある)

ライブ配信はライブ自体はカウントされませんが、アーカイブとして動画化されたものはカウントされます。

その一方で、ショートはカウントされません。ショート動画はショート動画用の収益プログラムがあり、こちらは3ヶ月で1000万回ほど再生されなければなりません。

ショート動画の収益化についてはこちらで詳しくまとめています。

関連記事

YouTubeは2023年に収益化条件を変更して、YouTubeショートでも収益化が始まりました。 YouTubeショートとは60秒以内の短い時間で作られた動画のことで、視聴には通常のYouTubeと同じアプリを使いますが見られるコンテン[…]

4000時間は何分?自分で達成可能?

4000時間は60分×4000時間で、240000分になります。1本の動画が10分だとしても、24000回フル再生されなければなりません。

日数で換算すると、約167日です。とてつもない数字ですね。

YouTubeポリシー的には、自分で理論上は達成可能ですがとてつもない時間がかかります。そのため、現実的ではないでしょう。

4000時間達成に必要な期間

4000時間達成に必要な期間は正確には言えません。1000人達成と同じで個人差がありますが、1000人達成する速度と同じくらいになります。

ただし、4000時間達成する期間を短くする方法はあります。

  • ライブ配信を活用する
  • 動画の時間を長くする

ライブ配信をアーカイブ化して再生時間を稼ぐことは先ほどお伝えしました。

一方で、動画の時間を長くするのも方法のひとつです。特に音楽動画など4分くらいの動画を上げている人はエンタメ系の動画に比べて動画の尺が短いです。そのため、同じ4000時間でも再生回数を稼がなければいけません。

そのため、動画を長くしましょう。音楽の例で言えば、ライブ動画やMCなどを挟んで動画を長くします。

YouTubeに伸び悩んでいませんか?
そんな時は「ココナラ」でYouTubeチャンネルに関する相談ができます。普通の会社のYouTubeコンサルは数十万円ほどすることもありますが、ココナラであれば数千円から1万円でチャンネル登録者数や総再生時間を伸ばすノウハウ、そして多くの人に動画を見てもらう方法を公開しています。賢く利用してYouTubeを早く伸ばしましょう!

まとめ

今回はYouTube収益化に必要な4000時間についてご紹介しました。

4000時間は難しくありません。ライブ配信などを上手に使えば再生時間は稼げます。

ぜひ、参考にしてみてください。

YouTubeで収益化するには、4000時間という収益化条件をクリアしなければなりません。 収益化はチャンネル登録者1000人ばかりに焦点が当たっていて、もうひとつの条件を忘れている人もいます。 たしかにYouTubeを始めた人にとって4000時間というハードルがどれくらい高いのかわかりませんよね。 […]

みなさん、こんにちは。華山です。いつもYouTubeを楽しんでみていますか。YouTubeでは色々なコンテンツがあるので、見ているだけでかなり楽しいですよね。 私、華山宥/BLUEVARY COSMOSもYouTubeを始めたので、今回は自分のチャンネルについてご紹介します。 目次 1 ボクのYou […]

みなさん、こんにちは。華山です。 YouTubeを始めてみて動画を投稿したけど、なかなかチャンネル登録者が増えないと悩んでいませんか? 特にチャンネル登録者100人には壁があると言われています。 そこで今回は、チャンネル登録者数100人はすごいのか、割合や期間を説明したいと思います。 素人がYouT […]

YouTubeでチャンネル登録者数700人を超えるということは、多くのクリエイターにとって重要な節目となります。 この記事では、登録者数700人の割合、その意義、到達までに必要な時間、そして収益について掘り下げ、700人を超えた際の個人的な感想を共有します。 YouTubeの世界で700人の登録者を […]

こんにちは。YouTuberの華山です。 YouTubeを必死に頑張っていても、報われないことってありますよね。特に自分のチャンネル登録者数で自分の位置を把握することは大切です。 そこで今回は、チャンネル登録者400人の割合やすごさなどを解説します。 素人がYouTubeのチャンネル登録者1000人 […]