YouTubeチャンネル登録1000人の収入や割合は?すごい難しい

YouTubeで収益を得るためには、1000人ほどのチャンネル登録者が必要です。

ネット上では1000人の登録者を獲得するのは大変だと言われていますが、YouTubeをやっている人や始めようかなと考えている人にとって1000人がどれくらい大変なのかわかりませんよね。

そこで今回はYouTubeでチャンネル登録者1000人を獲得することは、どれだけ難しくてすごいのか、割合や収入、期間などと合わせて詳しく解説します。

素人がYouTubeのチャンネル登録者1000人を達成する中で見つけたノウハウや方法、そして成功のリアルな体験談を1冊の本にまとめました。Kindle Unlimitedに加入すれば、無料で読めます。ぜひ、YouTubeの収益化に役立ててください!
関連記事

Kindle UnlimitedはKindle本が読み放題になるサービスです。月額980円で200万冊以上が読み放題になります。 非常に便利なサービスですが実際に使ってみなければ、使い勝手がどうなのかわかりませんよね。そこで今回はK[…]

YouTubeでチャンネル登録者1000人はすごい?

YouTubeでチャンネル登録者1000人達成することは、多くのYouTuberにとって大きな節目であり、大変すごいことです。

YouTube全体のチャンネルのうち、約8.8%しか1000人達成できていないというデータからも、その難易度が伺えます。

1000人達成の難易度

YouTubeで1000人のチャンネル登録者を達成することは簡単なことではありません。

チャンネルの約8.8%しかこの節目に到達していないことからも、多くの要因がその難しさを物語っています。質の高いコンテンツの継続的な提供、視聴者との交流、効果的なチャンネルブランディングなどが、重要な要素となります。

この難易度の根拠となるデータの出所

1000人達成の難しさを示すいくつかのデータソースがあります。

YouTube公式発表

2021年1月、YouTubeの公式ブログにて、チャンネル登録者1000人以上のチャンネルが全体の8%であることが発表されました。

この統計は、この達成の稀少性とプラットフォームの競争の激しさを示しています。

第三者機関による調査

2022年3月、民間調査会社Newzooが発表したレポートによると、日本のYouTubeチャンネルのうち8.7%がチャンネル登録者1000人以上であることが報告されています。これもまた、達成の難しさと地域による登録者数の変動を強調しています。

複数のYouTuberによる経験則

多くのYouTuberは、1000人のチャンネル登録者を達成する際の個人的な経験とその難しさをシェアしています。

これにより、達成には多大な努力と忍耐が必要であることが強調されています。

チャンネル登録者数1000人で起こる変化

1000人のチャンネル登録者を達成することは単なる数値の節目ではなく、いくつかの具体的なメリットをもたらします。

収益化が可能になる

チャンネル登録者1000人、かつ公開動画の総再生時間が4000時間に達すると、YouTubeの収益化プログラムに参加できるようになり、広告やメンバーシップを通じた新たな収益源が開かれます。

視聴者の幅が広がる

1000人という規模になると、検索結果での表示が向上し、より多くの人々に動画を見てもらえる機会が増えます。

企業からの案件依頼が増える

1000人の登録者数は、企業にとっても一定の影響力があると判断され、スポンサーシップやコラボレーションの機会が増える可能性があります。

自分の影響力を活かせる

1000人の視聴者は、単なる数字ではなくあなたのファンです。商品やサービスの紹介、社会貢献活動などを通じて、実際の影響力を発揮することができます。

チャンネル登録者数1000人の収入

チャンネル登録者1000人になると、0円から数千円の収入があると言われています。もちろん、人によって再生回数や単価が違うので何にも言えません。有名な話ではエンタメ系では再生回数が取れても単価が低いのでお金にはなりません。

一方で、ビジネス系あれば再生回数が低くても収入は高めになると言われています。

チャンネル登録者数1000人達成にかかる期間

チャンネル登録者1000人達成にかかる期間は人によって異なります。早い人なら3ヶ月、遅い人ならば数年かかることもあるでしょう。

達成期間を早める方法としては、再生回数を増やすこととチャンネル登録率を上げることです。再生回数を増やすには、動画を公開してからすぐに再生回数が増えることやビデオをみ終わった後に高評価ボタンやコメントを押してアクションをしてくれることが大切です。

そうすれば視聴者の画面に自分の動画をより多く動画を表示させられるので再生回数も高まります。

また、動画を見てくれた視聴者がチャンネル登録することも大切です。100人の視聴者がいて1人チャンネル登録してくれるより、100人がそのまま登録してくれた方が1000人に到達する期間は早くなります。

具体的な方法はチャンネル登録のカードを表示させたり、動画内でチャンネル登録を声に出してお願いしたりすることです。

関連記事

「チャンネル登録者がなかなか増えない」と思ったことはありませんか?たしかにYouTubeを始めてもチャンネル登録者が増えなければ難しいですし、チャンネル登録が楽に増える方法はありません。しかしながら、YouTubeが公表している、チ[…]

また、総再生数時間4000時間もクリアしなければなりません。

関連記事

YouTubeで収益化するには、4000時間という収益化条件をクリアしなければなりません。収益化はチャンネル登録者1000人ばかりに焦点が当たっていて、もうひとつの条件を忘れている人もいます。たしかにYouTubeを始めた人にとって[…]

チャンネル登録者数1000人からの目標と戦略

1000人の達成は大きな節目ですが、更なる成長に向けた通過点でもあります。以下の戦略を考えてみましょう。

具体的な目標を設定する

次の目標は1万人、あるいは10万人と具体的な目標を設定し、戦略的に取り組むことで成長を加速させることができます。

視聴者分析をさらに深める

現存する視聴者の年齢層、性別、興味関心などを分析し、よりターゲットを絞ったコンテンツ制作を目指しましょう。

他のYouTuberとのコラボ

同じジャンルや異なるジャンルのYouTuberとコラボすることで、新しい視聴者層にリーチし、双方のチャンネルの成長を促進できます。

最新のトレンドを取り入れる

YouTubeは常に進化しています。最新のトレンドを取り入れ、新鮮で魅力的なコンテンツを制作し続けることが大切です。

チャンネル登録者数1000人はすごいです。なぜすごいのかというと、YouTubeアカウントを作成している人の中で上位に位置しているからです。

動画のクオリティを上げたいなら?

もし、動画のクオリティを上げたいと考えている場合は、動画編集のスクールに通うのがおすすめです。

エンジニア向けのプログラミング学習で有名になったTechAcademy [テックアカデミー]
は、動画編集コースもあり自宅でも学べます。

そして、フリーランスのビジネス系YouTuberで有名な佐原まいさんが運営する動画編集スクール【クリエイターズジャパン】

では、ソフトの扱い方はもちろん、動画編集の案件の獲得方法までノウハウを学べます。

また、大学生や20代の参加者が多く、質疑応答も充実しているSkillHacks(スキルハックス)
もおすすめです。

自分に合ったスクールを見つけて早く動画を伸ばすといいですね。



YouTubeに伸び悩んでいませんか?
そんな時は「ココナラ」でYouTubeチャンネルに関する相談ができます。普通の会社のYouTubeコンサルは数十万円ほどすることもありますが、ココナラであれば数千円から1万円でチャンネル登録者数や総再生時間を伸ばすノウハウ、そして多くの人に動画を見てもらう方法を公開しています。賢く利用してYouTubeを早く伸ばしましょう!

まとめ

今回はYouTubeでチャンネル登録1000人を獲得することの難しさや収入レベル、期間についてご紹介しました。

概要
すごさ通説では全体の上位15%
収入0円から数千円
期間数ヶ月から数年

YouTubeはまだまだ夢がありますが、たしかに大変です。なかなかチャンネル登録者数が伸びないと努力がムダになった気がします。

しかし、本日ご紹介した活動のヒントを参考にすれば、チャンネル登録者数も増えていくでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中にはYouTubeなどに動画投稿をしてみたいと考えている人がいるのではないでしょうか。 思うのは簡単ですが、YouTubeに上がっている人の動画を見れば意外とクオリティが高いものです。そこで今回は動画撮影に必要な機材についてご紹介します。 簡単に動画のクオ […]

みなさん、こんにちは。華山です。いつもYouTubeを楽しんでみていますか。YouTubeでは色々なコンテンツがあるので、見ているだけでかなり楽しいですよね。 私、華山宥/BLUEVARY COSMOSもYouTubeを始めたので、今回は自分のチャンネルについてご紹介します。 目次 1 ボクのYou […]

YouTubeでチャンネル登録者数700人を超えるということは、多くのクリエイターにとって重要な節目となります。 この記事では、登録者数700人の割合、その意義、到達までに必要な時間、そして収益について掘り下げ、700人を超えた際の個人的な感想を共有します。 YouTubeの世界で700人の登録者を […]

チャンネル登録者500人はYouTubeのピラミッドで言えば、上位4割に食い込む程度です。 YouTubeを始めてみたけど、他のYouTubeの配信者の伸びや自分の立ち位置はどれくらいなのだろうか気になることってありますよね。 たしかに、あとどれくらいYouTubeを続ければ収益化するのかどうやった […]

みなさん、こんにちは。細々YouTuberの華山です。 みなさんの中にはYouTubeをやっている方も多いのではないでしょうか。 しかし、YouTubeは簡単には伸びないので難しいですよね。特に100人を超えても登録者が200人を超えないという人もいると思います。 素人がYouTubeのチャンネル登 […]