ホテル暮らしの始め方!おすすめのサブスクや都市、荷物や費用を解説

ホテル暮らしという新しい生活のスタイルに注目が集まっています。

なぜホテル暮らしをする人が増えているのでしょうか。

また、どういった都市が人気でホテル暮らしを始めるためには、何を準備すれば良いのでしょうか。

わかりやすく丁寧にご説明します。

こちらはホテル暮らしをしているボクの荷物をまとめた写真集です。
スーツケースとバッグパックに便利グッズと必要なものを詰めたので参考にしてください!

なぜホテル暮らし?

なぜホテル暮らしをするのかは以下のような理由があります。

  • 職場の近くなど都心に住める
  • 水道・光熱費・ネット代が無料
  • 片付けをする必要がない

賃貸では莫大な家賃がかかるような都心でも、ホテル暮らしなら手の届く料金で住めます。

職場の近くへ住めれば通勤時間の節約につながります。

また、水道・光熱費・ネット代といった料金が無料となり、客室清掃があるので片付けする必要がありません。

まさに楽と効率性を重視しているのがホテル暮らしなのです。

関連記事

ホテル暮らしが最近は流行っていますが、ホテル暮らしをしていない人にとってその暮らしがどういったものか分かりませんよね。 そこで今回は、ホテル暮らしをしているボクがホテル暮らしのメリットとデメリットについて解説します。 ホテル暮らしの[…]

ホテル暮らしする芸能人や有名人

ホテル暮らしをしている、もしくは過去にホテル暮らしをしていた芸能人や有名人には以下のような人がいます。

  • 堀江貴文
  • 高城剛
  • 櫻井翔
  • 高嶋政伸
  • ココ・シャネル
  • 淀川長治
  • 山田五十鈴
  • 伊集院静

特に堀江貴文さんは、ホテル暮らしをしていることで特に有名です。

服とスマホがあれば十分と言うほど、余分な家財は持たずに快適に暮らしていることをメディアなどで公言しています。

また、芸能人や有名人ではなくても、就職活動のためためや新しいライフスタイルを探すためにホテル暮らしを選ぶ大学生も増えつつあります。

ホテル暮らしの人気都市ランキング

ホテル暮らしで人気の都市ランキングは以下のようになっています。

  1. 東京都全域
  2. 大阪府全域
  3. 愛知県名古屋市
  4. 福岡県福岡市
  5. 岡山県全域
  6. 沖縄県全域
  7. 神奈川県全域
  8. 金沢県金沢市
  9. 京都府京都市
  10. 兵庫県神戸市
  11. 埼玉県全域
  12. 東京都新宿区
  13. 北海道札幌市
  14. 静岡県全域
  15. 千葉県全域
  16. 新潟県新潟市
  17. 大阪市西成区
  18. 広島県広島市
  19. 大阪市淀川区
  20. 神奈川県横浜市

Googleの検索数で上位だったものを順番に並べています。

ちなみに「大阪府全域」と「大阪市西成区」のように同じ地域が入っているのは、「大阪 西成」のように特定の絞り込んだ地域で検索されていたので、さらに絞ったものを掲載してみました。

やはり、東京、大阪、名古屋の3大都市が人気なようですね。

それからコンパクトシティで人気の福岡や岡山が続き、金沢や京都といった観光都市が続きます。

ホテル暮らしにおすすめの都市は?

ダントツで大阪がおすすめです。なぜならばホテルが綺麗で安いからです。大阪の人口流出とマンションの供給過多が影響しているのかもしれません。

ボクが事前に調査して抱いた感想は、東京は物価とホテルの価格が高すぎますし、名古屋はホテルの数が少ない上に価格が高いです。

大阪は安くて綺麗なホテルがたくさんあるので、選択肢も多めです。他の都市にはこういったホテルの魅力はありません。

ちなみに、京都などの観光都市に泊まると1泊200円の宿泊税を払わないといけないので、本当に注意するべきです。

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約

ホテル暮らしに必要なものや便利グッズ

ホテル暮らしに必要なものや便利グッズには以下のようなものがあります。

  • スーツケース
  • 文房具
  • 衣類
  • ドリテックのIHクッキングヒーター
  • キャプテンスタッグの鍋
  • 洗濯マグちゃん
  • LANケーブル
  • フリーザーバッグ

詳しくはこちらのページで解説していますが、こちらでも一部をご紹介します。

関連記事

ホテル暮らしをするあたって、どういった荷物を持っていけばいいのか困ったことはありませんか。 ホテル暮らしとう珍しい暮らし方なので、前例がなくてよくわかりませんよね。 そこで今回はホテル暮らしに必要な荷物や便利グッズについてご紹介[…]

最低限必要な荷物

基本的に、衣類や薬、文房をスーツケースに詰めるだけで生活は可能です。

あとはホテルにアメニティがあるので、タオルや歯ブラシは必要ありません。

食事と洗濯は便利グッズで乗り切る

多くのホテルにはキッチンがついていませんが、IHクッキングヒーターと鍋、フリーザーバッグがあれば簡単な自炊ができます。

お湯も沸かせて麺類を作れますし、フリーザーバッグに入れてご飯を湯煎すればホカホカのご飯が食べられます。

また、洗濯はコインランドリーが基本となりますが、洗濯マグちゃんがあれば部屋で選択できたり、洗濯機で洗剤を買わなくて済んだりします。

このあたりの洗濯と食事に関する事情は、こちらの記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください。

関連記事

ホテル暮らしをすれば、みんな悩むことがあります。その代表的なものが洗濯と食事です。 今回はホテル暮らしを続けているボクが洗濯と食事はどうするべきなのか、解決策をご紹介します。 こちらはホテル暮らしをしているボクの荷物をまとめ[…]

 

そして、ホテルのWi-Fiは弱いこともあるので、万が一のためにLANケーブルを所持しておけば大体の場合、快適なネットが可能です。

ボクはスーツケースとバックパックだけでホテル暮らしをしているので、全ての中身に興味がある方はこちらをご覧になってください。

ホテル暮らしの費用

ホテル暮らしの費用は以下のようになっています。

  • 高級ホテル
    36万円(ex.帝国ホテル)
  • ビジネスホテル
    12,3万円(アパ、ドーミー、東横)
  • 30日プランのあるホテル
    6~10万円
  • ホステルの個室
    5~8万円
  • カプセル・ドミトリー
    3~6万円

全て東京の値段でボクが調べた感覚に基づいています。

大阪などではこれより1,2割安くて感動してしまうほどです。

関連記事

ホテル暮らしには毎月高額な費用が必要です。 みなさんの中にはホテルぐらしをしたいけど、月々どれくらい費用がかかるのか分からないといった悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。 そこで今回は、ホテル暮らしを続けているミニマリストの[…]

賃貸と同じ感覚で利用するなら、30日プランのあるホテルかビジネスホテルを選べば6万円から13万円の間で収まるといった感じですね。

ホテルのデメリット!疲れる?

ホテル暮らしのデメリットは、向いていない人は「疲れる」と感じることです。

ホテルの部屋はピシッと丁寧に整理整頓されています。自分の部屋なら好き勝手汚した方が落ち着くという人にとって、ホテルの部屋はアウェー感を感じてしまいそれがストレスになってしんどいと感じます。

それさえ乗り越えれば快適です。

ただし、費用面では上のランクのホテルを求めて、高級ホテルを予約して家計の危機を迎えないようは注意しましょう。

ホテル暮らしの住民票問題

ホテル暮らしになると困るのが、住民票をどうするかです。

具体的には、以下のような解決策があります。

  • ホテルに住民票を置く
  • 実家に住民票を置く
  • 住民票を置けるサービスを使う

1週間や2週間などの滞在ではホテルに住民票は置けませんが、長期契約の場合契約できる可能性があります。

しかし、ホテルによっては断られる場合もあるので、暮らしたいホテルが対応しているか確認も必要です。

また、実家に住民票を置くことは、実家があればもっとも簡単な選択肢です。多くの人がこの方法を選んでいます。

どれも該当しないという人は、ポケットレジデンスなど月額1万円から住民票を置けるサービスもあるのでこちらがおすすめです。

ホテル暮らしの始め方!おすすめのサブスク

ホテル暮らしの始め方はたくさんありますが、一番簡単に始められるのはサブスクを活用することです。

たとえば、以下のようなホテルのサブスクがあります。

  • HafH月額82,000円
  • unito月額30,000円〜
  • ADDress月額4.4万円
  • HOTEL PASS 月額6.98万円〜

この中で人気なのはHafHです。全国の950以上の施設が定額で泊まり放題になります。

「旅をしながら暮らす」といった感じが強いサービスですが、ホテル暮らしをするのにもぴったりなサービスです。

 

また、都会でホテル暮らしをしたいならば、unitoを使えばリーズナブルにホテルを利用できます。

大浴場や朝食がついているホテルなどを選べるので使い勝手がいいですね。

東京や大阪といった大都市でも安いホテルを探せます。

最短1ヶ月から。平日、都心暮らしを「unito(ユニット)」

 

ちなみに、長期滞在専門で探せるホテルの予約サイトには、マンスリーホテルがあります。

こちらは、ホカの宿泊サイトより20%安く泊まれるのでおすすめです。

長期滞在ならマンスリーホテル

まとめ

今回はホテル暮らしについてご紹介しました。

今までホテル暮らしをしたことがない人にとって謎の多い存在ですが、実は生活の効率を上げるメリットがあります。

ぜひ、この記事を参考にしてホテル暮らしを始める際の参考にしてみてください。