最強のセゾンプラチナアメックスが改悪?ビジネスとの違いも解説

セゾンプラチナアメックスには、通常カードとビジネスカードがあります。どちらも最強カードと言われていますが、細かな違いがあります。

その一方でセゾンプラチナアメックスも度重なる改悪で顧客が離れていますが、メリットもいまだに大きなカードです。

そこで今回は最強だと言われているセゾンプラチナアメックスのメリットやビジネスの違い、改悪情報について解説します。

セゾンプラチナアメックスを申込の場合は、こちらのリンクからお申し込みいただくと「入会翌々月末までに20万円以上ご利用でAmazonギフトカード12,000円分プレゼント」というキャンペーンを行なっております。 ぜひ、この機会にご検討ください!

セゾンプラチナアメックスの改悪情報

セゾンプラチナアメックスは一般、ビジネスカードの両方で改悪を重ねてきました。具体的にはどういった改悪があったのかご紹介します。

「SAISON MILE CLUB」の有料化

2024セゾンプラチナアメックスのセゾンマイルクラブ改悪
2024年:セゾンプラチナアメックスのセゾンマイルクラブ改悪

最新の改悪には、「SAISON MILE CLUB」の有料化があります。

セゾンプラチナアメックスは一般、ビジネスともに長らくJALマイルがお得に貯まる「SAISON MILE CLUB」に無料で加盟できましたが、有料化が発表されました。

  • セゾンプラチナビジネスアメックス:2023年3月に年5,500円に有料化
  • セゾンプラチナアメックス:2024年7月に年5,500円に有料化

2023年にセゾンプラチナビジネスアメックスは「SAISON MILE CLUB」が有料化されましたが、改悪の流れがセゾンプラチナアメックスにも来ました。

そして、セゾンプラチナビジネスアメックスは2024年4月に年間5,500円(税込)がかかるという発表がありました。2024年7月更新・ご登録分から適応されます。

セゾンプラチナビジネスアメックスの年会費優遇を終了

セゾンプラチナビジネス年会費改悪
2023年発表:セゾンプラチナビジネス年会費優遇廃止

2023年10月にセゾンプラチナビジネスカードの年会費優遇を終了する発表がありました。

セゾンプラチナビジネスカードの年会費は22,000円です。しかし、年間で200万円以上決済すると、翌年の年会費半額つまり年会費が11,000円になります。この優遇が改悪されて、通常のセゾンプラチナカードと同じ年会費になりました。

セゾンカードでの税金支払い時にポイント還元を半分に

セゾンカードでは、税金の支払い時でも通常通りポイントやマイルが貯まるので、多くのユーザーに愛されていました。しかし、2023年10月に税金の支払い時はポイント還元を半分にすることが発表されます。

ビジネスなどで税金の支払いをこちらのカードで行っていれば、マイルやポイントが多く貯まっていましたが、今回の改悪で他のカードに乗り換える人が続出しました。

セゾンプラチナアメックスの基本情報

セゾンプラチナアメックスには、以下の2つがあります。

  • セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(個人カード)
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

個人用と法人用です。個人であっても法人用のビジネスカードに申し込みが可能です。

項目 セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
(個人カード)
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 22,000円(税込) 22,000円(税込)
ポイント還元率 1.0%(永久不滅ポイント) 1.0%(永久不滅ポイント)
特典 プライオリティ・パス、海外旅行保険、コンシェルジュサービス プライオリティ・パス、ビジネス向けの優待特典、ビジネス用コンシェルジュサービス
付帯サービス 空港ラウンジの無料利用、ホテルやレストランでの優待特典 経費管理ツール、ビジネス保険、空港ラウンジの無料利用

それでは順番に解説します。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(個人カード)の基本情報

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、高いステータスと充実したサービスを提供する個人向けクレジットカードです。以下がその基本情報です。

  • 年会費:22,000円(税込)
  • ポイント還元率:1.0%(永久不滅ポイント)
  • 特典:プライオリティ・パス、海外旅行保険、コンシェルジュサービス
  • 付帯サービス:空港ラウンジの無料利用、ホテルやレストランでの優待特典

セゾンプラチナ・アメックスは、旅行やショッピングでの特典が豊富で、特に海外旅行を頻繁に行う方にとって非常に魅力的なカードです。

プライオリティ・パスを利用すれば、世界中の空港ラウンジを無料で利用でき、旅行の快適さが格段に向上します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、ビジネスオーナーや法人向けのクレジットカードで、ビジネスに役立つ特典やサービスが充実しています。以下がその基本情報です。

  • 年会費:22,000円(税込)
  • ポイント還元率:1.0%(永久不滅ポイント)
  • 特典:プライオリティ・パス、ビジネス向けの優待特典、ビジネス用コンシェルジュサービス
  • 付帯サービス:経費管理ツール、ビジネス保険、空港ラウンジの無料利用

ビジネスカードとしてのセゾンプラチナ・アメックスは、経費管理や出張時のサポートが充実しています。

例えば、経費管理ツールを活用することで、ビジネスの支出を簡単に管理でき、効率的な経営をサポートします。また、ビジネス保険が付帯されているため、予期せぬ事態にも備えることができます。

セゾンプラチナアメックスのビジネスとの違い

セゾンプラチナアメックスとセゾンプラチナビジネスアメックスの違いは以下の通りです。

カード名 セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 本会員:22,000円(税込)
家族:3,300円(税込)
22,000円(税込)
年200万円利用で翌年の年会費が11,000円(税込)
申込条件 安定した収入のある一般の個人
(学生・未成年を除く)
安定した収入のある一般の個人
(学生・未成年を除く)
個人事業主
法人代表
ポイント 永久不滅ポイント 永久不滅ポイント
ポイント還元率 国内:1,000円につき1.5ポイント
海外:1,000円につき2ポイント
国内:1,000円につき1ポイント
海外:1,000円につき2ポイント
セゾンマイルクラブ 1,000円利用で最大11.25マイル(改悪あり) 1,000円利用で最大11.25マイル
引き落とし口座 個人口座 個人口座・法人口座
招待日和 あり なし
海外死亡・後遺障害 1億円/家族1,000万円 1億円/家族なし
海外疾病費用 300万円/家族300万円 300万円/家族なし
海外賠償責任 5,000万円/家族5,000万円 5,000万円/家族なし
海外携行品損害 50万円/家族50万円 50万円/家族なし
海外救援者費用 300万円/家族300万円 300万円/家族なし
国内障害死亡・後遺障害 5,000万円/家族1,000万円 5,000万円/家族なし
国内入院日額 5,000円/家族5,000円 5,000円/家族なし
国内通院日額 3,000円/家族3,000円 3,000円/家族なし
海外空港ラウンジ 世界の1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用可能
プライオリティ・パス無料
世界の1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用可能
プライオリティ・パス無料
国内空港ラウンジ 羽田空港・成田空港など国内主要空港30ヵ所以上 羽田空港・成田空港など国内主要空港30ヵ所以上
手荷物宅配無料 往路と復路でスーツケース1個無料 なし

違いとしては主に5つです。

  1. ビジネスは年200万円利用で年会費が11,000円になる
  2. ビジネスは法人口座指定可能
  3. 個人のみ招待日和が使える
  4. 個人は家族の保険が効く
  5. 個人は手荷物宅配無料サービスが使える

年会費の面では、ビジネスが安くなりますが、優待で見ると個人カードの方がいいですね。

セゾンプラチナビジネスアメックスが最強と言われる理由

セゾンプラチナビジネスアメックスが最強と言われる理由は以下です。

  • JALマイル還元率の高さ
  • 使い道の多い永久不滅ポイント
  • 充実した旅行関連の優待
  • 初年度年会費無料、2年目以降も22,000円(税込)
  • アメックスキャンペーンが充実
  • 審査難易度は比較的低い
  • セゾンポイントモールでのポイントアップ
  • グルメ優待の招待日和

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、その豊富な特典とコストパフォーマンスの高さで「最強」と称されています。

コンシェルジュサービスやビジネス優待、ショッピング保険、ETCカード年会費永年無料など、ビジネスに役立つ特典も充実していますが、特にメリットがあるのは上記です。

それでは順番に解説します。

JALマイル還元率の高さ

特に注目すべきはJALマイル還元率の高さです。最大1.125%という還元率は、法人プラチナカードの中でもトップクラスです。セゾンマイルクラブを活用すれば、日常の利用で効率的にJALマイルを貯めることができます。

ただし、2023年にセゾンマイルクラブの登録が年間5,500円に有料化されました。

他のカードのマイル還元率で考えると、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは最大1.875%、ANAアメリカン・エキスプレス・カードは最大1.5%ほどで還元率も高いです。しかし、前者は年会費が5万円近く、後者はマイル還元率以外のメリットがあまりありません。

一番バランスが取れているのがセゾンプラチナアメックスです。

セゾンマイルクラブに登録すると、2,000円利用で1永久不滅ポイント、1,000円利用につき10JALマイルが貯まります。200永久不滅ポイント(40万円利用分)は500マイルに変換可能です(0.125%還元率)。つまり、合わせて1.125%となります。

使い道の多い永久不滅ポイント

永久不滅ポイントも大きな魅力です。利用金額に応じて貯まるポイントには有効期限がなく、Amazonギフト券など様々な商品やサービスと交換できます。

しかし、2024年に電子マネーのチャージなどのポイント還元率が改悪されることが発表されました。

充実した旅行関連の優待

最高1億円の海外旅行傷害保険や最高5,000万円の国内旅行傷害保険があります。これらの保険はご自身だけでなく、家族も対象となります。

また、プライオリティ・パスを利用すれば、148以上の国や地域、600以上の都市で1,300ヵ所以上のラウンジ利用可能なプライオリティパスが利用可能です。

海外旅行に行く時にラウンジが使えれば、基本的にタダで現地の料理を食べられたり、仮眠やシャワーを浴びることもできます。

海外旅行に非常に便利なパスです。

ちなみに、プライオリティパスがつく最安の楽天プレミアムカードは11,000円です。

関連記事

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんは、クレジットカードを使っていると思いますが、どういったものを使っていますか。 さまざまな特典がクレジットカードについていますが、海外旅行に行く人は必ず持っておきたいカードがあります。それが楽天[…]

別途申し込みが必要で、QRコードでの入場はできません。

初年度年会費無料、2年目以降も22,000円(税込)

初年度の年会費は無料で、2年目以降も22,000円(税込)というコストパフォーマンスの良さが際立っています。

さらに、年200万円以上利用すると年会費が半額の11,000円になるという優待がありましたが、2023年にこの優待は廃止されました。

アメックスキャンペーンが充実

アメックス独自のキャッシュバックキャンペーンが豊富です。月ごとに対象店舗が変わりますが、20%オフになるなど、日常生活でもお得に利用できます。

審査難易度は比較的低い

法人向けプラチナカードの中では、比較的審査が通りやすいとされています。これにより、多くの法人やビジネスオーナーが利用しやすいカードとなっています。

セゾンポイントモールでのポイントアップ

セゾンポイントモールを経由してネットショッピングを行うと、ポイント還元率がアップします。これにより、日常の買い物でも効率的にポイントを貯めることができます。

グルメ優待の招待日和が使える

2名以上の利用で1名コースが無料になるサービス「招待日和」があります。セゾンプラチナアメックスであれば、こちらのサービスを利用できます。

レストラン自体は日本全国の都市部にあり、シンガポールや台湾といった海外でのコースも含まれています。

このサービスはダイナースやアメックスゴールドといったカードで利用できるサービスでそれと同じくらいの優待内容になっています。

ちなみに、招待日和だけ使いたいなら3,300円の年会費で使えるTRUST CLUB プラチナマスターカードもおすすめです。

セゾンプラチナアメックスのコンシェルジュの評判は?

セゾンプラチナアメックスのコンシェルジュの評判は良好で、コンシェルジュサービスを通じて以下のようなことができます。

  • 高級レストランやホテルの予約
  • 国内外の旅行プランの相談
  • 航空券や切符の手配

コンシェルジュが自分の希望に合ったぴったりなレストランやホテルを予約してくれます。

また、国内外の旅行のプランも頼むことができます。乗り換えを考えるのが面倒だというひとでもスムーズな旅行ができます。航空券や切符も手配してくれるので楽ですね。

セゾンプラチナアメックスを年会費無料で契約する方法

セゾンプラチナアメックスを年会費無料で契約する方法を調べたところ、インビテーションがあれば年会費が永年無料で契約できるという情報がありました。

しかし、インビテーションは少なくともセゾンアメックスゴールドを長く使い込んでいないと来ません。

かなり果てしない道なのは間違いありません。また、インビテーションが本当に存在するのか不明なので飛びつかない方がいいでしょう。

セゾンプラチナアメックスの審査は厳しい?年収は?

セゾンプラチナアメックスの加入資格は「安定した収入があり、社会的信用を有するご連絡可能な方(学生・未成年を除く)」となっています。それ以外の情報は公開されていません。

パートやアルバイトであれば厳しいかもしれません。

気になる年収ですが、ネット上では400万円から500万円と言われています。しかし、アメックスの審査は通ってもセゾンのカードの審査は通らないという報告もあるので、この辺りは不明です。

ちなみに審査期間は最短3日間で、自宅に届くまでを含めると1週間程度になります。

まとめ

今回はセゾンプラチナアメックスについてご紹介しました。

名前 セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド Amex
年会費 22,000円(税込み)
ポイント セゾン永久不滅ポイント
付帯保険 国内旅行
海外旅行
ショッピング
ポイント還元率 基本還元率0.75%
海外利用では1%
交換可能マイル JALマイレージクラブ
追加カード ETCカード,家族カード
Apple Pay QUICPay,Amex

一番優待が豊富でなおかつ、マイルも高還元です。

SPGアメックスに比べて年会費が安いのも嬉しいですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

セゾンプラチナアメックスを申込の場合は、こちらのリンクからお申し込みいただくと「入会翌々月末までに20万円以上ご利用でAmazonギフトカード12,000円分プレゼント」というキャンペーンを行なっております。 ぜひ、この機会にご検討ください!

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中には飛行機によく乗るという人もいるでしょう。しかし、飛行機に遅延などトラブルは付き物です。 そこで今回は、遅延補償が付いているクレジットカードについてご紹介します。 目次 1 航空機遅延補償とは2 おすすめの航空機遅延補償付きクレジットカード2.1 アメリ […]

みなさん、こんにちは。ノマドワーカーのみなさんは旅をしながら仕事も楽しんでしますか? でも、ノマドをしていると、気になるのがクレジットカードです。国内外で役立つクレカですが、クレカ選びを間違えるとさまざまなところに弊害が出てきます。 そこで今回はノマドワーカーにおすすめのクレジットカードを5つほど厳 […]

みなさん、こんにちは。華山です。 節約を意識してクレジットカードを選びたいところですが、どのクレカもメリットやデメリットがよく分かりませんよね。 特にイオンカードセレクトはメリットがないなどと言われています。 そこで今回は、イオンカードセレクトのメリット・デメリットについてご紹介します。 目次 1 […]

みなさん、こんにちは。華山です。羽田空港を使用するときってありますよね。国際線を使用するときはラウンジも使用できますが、ラウンジは限られた人しか入ることができません。 そこで今回は羽田空港のTIATラウンジ利用ならベストなエムアイカードについてご紹介します。 目次 1 羽田空港のラウンジについて2 […]

majicaマジカドンペンカードは、ドンキホーテでのお買い物がお得になるクレジットカードです。 この他にも ドンキホーテでの買い物は安くなる傾向がありますが、どうせならもっと安いほうが嬉しいですよね。 そこで今回は、majicaマジカドンペンカードについて紹介します。 株式会社UCS「majica […]