海外旅行保険のあるクレカを比較!複数持ちや自動付帯ならあのカード

みなさん、こんにちは。華山です。

クレジットカードは旅行保険としての役割もあるので、海外旅行の強い味方となっています。

しかし、クレジットカードの保険はどういったもので、どのような観点で保険を選べばいいかわかりませんよね。

また、どのクレジットカードの保険が優れているのかも知っておきたいところです。

そこで今回は、クレジットカードの保険がどういったものなのか、おすすめのカードなどをご紹介します。

クレカの保険は何を見て選ぶべきか

クレジットカードの保険は以下の3つで使用する頻度が高いです。

  1. 疾病・傷害治療費補償
  2. 携行品損害保険
  3. 航空便遅延保険

そのため、クレジットカードの保険を選ぶときは上の3つを重視するとよいでしょう。

この3つは2019年にジェイアイ損害災害保険株式会社が発表したデータに基づいています。

以下が旅行中のトラブルトップ3です。

  • 1位:治療・救援費用(47.8%)
  • 2位:携行品損害(26.9%)
  • 3位:航空機のトラブルによる費用負担(20.4%)

クレジットカードの保険内容

クレジットカードの保険の内容は以下のようになっています。

種類 内容
疾病・傷害治療費補償 旅行中の怪我や病気の補償
賠償責任保険 旅行中に物や人に危害を加えた時の補償
携行品損害保険 旅行中に持ち物の盗難や破損に遭った時の補償
救援者費用保険 入院する際に見舞いする人に交通費の補償
航空便遅延保険 航空機が遅れてしまった時の損失に対する補償
ショッピング保険 購入した商品が破損や盗難に遭った時の補償

補償額はいくらあれば足りるのか?

疾病・傷害治療費補償は300万円、携行品損害保険は30万円を目安に考えるといいでしょう。

ジェイアイ傷害火災保険の2014年のデータによると、治療費の支払い件数、約1万7000件のうち、72件しか300万超の治療費が発生しませんでした。1%にも満たない数です。

 

また、リクルートグループの団体保険では、バッグのひったくりで被害額がおよそ21万円と計算されています。

旅行でカメラやパソコンを持っていても、30万円あれば補償の対象になるでしょう。

3の数字で覚えておくといいですね。

 

ちなみに、72件の300万超の治療費のうち、56%は65歳以上です。そのため、高齢者は400万から500万ほどまで補償額を挙げておくべきでしょう。

疾病・傷害治療費補償と携行品損害保険のあるクレジットカード

疾病・傷害治療費補償と携行品損害保険に強いクレジットカードトップ30です。

名前障害死亡保険障害治療疾病治療賠償責任携行品救援者補償期間付帯条件家族特約
デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード
44,000円(税込)
最高1億円500万円限度500万円限度5,000万円限度100万円限度
[-]
500万円限度3ヶ月間自動付帯
アメリカン・エキスプレス プラチナ・カード
143,000円(税込)
最高1億円1,000万円限度1,000万円限度5,000万円限度100万円限度
[3,000円]
1,000万円限度90日間自動付帯
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード
143,000円(税込)
最高1億円1,000万円限度1,000万円限度5,000万円限度100万円限度
[3,000円]
1,000万円限度90日間自動付帯
JCBプラチナ
27,500円(税込)
最高1億円1,000万円限度1,000万円限度1億円限度100万円限度
[3,000円]
1,000万円限度3ヶ月間自動付帯
JCB CARD Biz プラチナ
33,000円(税込)
最高1億円1,000万円限度1,000万円限度1億円限度100万円限度
[3,000円]
1,000万円限度3ヶ月間自動付帯
三井住友カード プラチナ
55,000円(税込)
最高1億円500万円限度500万円限度1億円限度100万円限度
[3,000円]
1,000万円限度3ヶ月間自動付帯
三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)
55,000円(税込)
最高1億円500万円限度500万円限度1億円限度100万円限度
[3,000円]
1,000万円限度3ヶ月間自動付帯-
ANA VISAプラチナ プレミアムカード
88,000円(税込)
最高1億円500万円限度500万円限度1億円限度100万円限度
[3,000円]
1,000万円限度3ヶ月間自動付帯
エポスゴールドカード
5,000円(税込)
条件クリアで無料
最高1,000万円300万円限度300万円限度2,000万円限度20万円限度
[3,000円]
100万円限度90日間自動付帯-
ダイナースクラブカード
24,200円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度1億円限度50万円限度
[-]
300万円限度3ヶ月間自動付帯-
銀座ダイナースクラブカード
27,500円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度1億円限度50万円限度
[-]
300万円限度3ヶ月間自動付帯-
ANAダイナースカード
29,700円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度1億円限度50万円限度
[-]
400万円限度3ヶ月間自動付帯-
ダイナースクラブ ビジネスカード
29,700円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度1億円限度50万円限度
[-]
300万円限度3ヶ月間自動付帯-
ミライノ カード GOLD
3,300円(税込)
条件クリアで無料
最高5,000万円500万円限度500万円限度5,000万円限度50万円限度
[3,000円]
300万円限度調査中利用付帯
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
34,100円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度4,000万円限度50万円限度
[3,000円]
400万円限度90日間自動付帯
三井住友カード プライムゴールド
5,500円(税込)
初年度無料
最高5,000万円*A1300万円限度300万円限度5,000万円限度50万円限度
[3,000円]
500万円限度3ヶ月間自動付帯
dカード GOLD
11,000円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度5,000万円限度50万円限度
[3,000円]
500万円限度90日間自動付帯
JCB CARD Biz ゴールド
11,000円(税込)
初年度無料
最高1億円300万円限度300万円限度1億円限度50万円限度
[3,000円]
400万円限度3ヶ月間自動付帯
JCBゴールド
11,000円(税込)
初年度無料
最高1億円300万円限度300万円限度1億円限度50万円限度
[3,000円]
400万円限度3ヶ月間自動付帯
三井住友カード ゴールド
11,000円(税込)
初年度無料
最高5,000万円*A1300万円限度300万円限度5,000万円限度50万円限度
[3,000円]
500万円限度3ヶ月間自動付帯
三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)
11,000円(税込)
最高5,000万円*A1300万円限度300万円限度5,000万円限度50万円限度
[3,000円]
500万円限度3ヶ月間自動付帯-
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
13,200円(税込)
最高5,000万円300万円限度300万円限度4,000万円限度50万円限度
[3,000円]
200万円限度90日間利用付帯
ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(ソラチカゴールドカード)
15,400円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度1億円限度50万円限度
[3,000円]
400万円限度3ヶ月間自動付帯
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
28,600円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度4,000万円限度50万円限度
[3,000円]
400万円限度90日間利用付帯
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
31,900円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度4,000万円限度50万円限度
[3,000円]
400万円限度90日間利用付帯
三井住友カード プラチナプリファード
33,000円(税込)
最高5,000万円*A1300万円限度300万円限度5,000万円限度50万円限度
[3,000円]
500万円限度3ヶ月間自動付帯
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
34,100円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度4,000万円限度50万円限度
[3,000円]
400万円限度90日間利用付帯
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
36,300円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度4,000万円限度50万円限度
[3,000円]
400万円限度90日間利用付帯
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
66,000円(税込)
最高1億円300万円限度300万円限度4,000万円限度50万円限度
[3,000円]
400万円限度90日間利用付帯
楽天プレミアムカード
11,000円(税込)
最高5,000万円*L1300万円限度300万円限度3,000万円限度50万円限度
[3,000円]
200万円限度3ヶ月間自動付帯-

コスパだけならミライノ カード GOLDが3,300円(税込)でお得です。

また、JCBや三井住友、dカード等のゴールドカードクラスであれば、疾病・傷害治療費補償が300万で携行品損害保険に50万円の補償がついてきます。

航空便遅延保険のあるクレジットカード

航空便遅延保険のあるクレジットカードには以下のようなものがあります。

 年会費国際線遅延補償国際線乗継時遅延補償国内線遅延補償国内線乗継時遅延補償
三菱UFJカード ゴールド2,095円(税込)なしなし最高1万円
(利用付帯)
最高2万円
dカード GOLD11,000円(税込)最高1万円
(*自動付帯*)
最高2万円最高1万円
(利用付帯)
最高2万円
JCBゴールド11,000円(税込)最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円
セゾン・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード11,000円(税込)最高3万円
(*自動付帯*)
最高3万円なしなし
三菱UFJカード ゴールドプレステージ11,000円(税込)最高1万円
(利用付帯)
最高2万円最高1万円
(*自動付帯*)
最高2万円
ANA JCBワイド ゴールドカード15,400円(税込)最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円
ANA VISA・マスター ワイドゴールドカード15,400円(税込)最高1万円
(利用付帯)
最高2万円最高1万円
(利用付帯)
最高2万円
JAL CLUB-Aゴールドカード17,600円(税込)最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円なしなし
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード22,000円(税込)最高3万円
(*自動付帯*)
最高3万円なしなし
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス22,000円(税込)最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円
JALダイナースカード30,800円(税込)最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円なしなし
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード31,900円(税込)最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円なしなし
TRUST CLUB プラチナ Visaカード38,500円(税込)最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円最高2万円
(利用付帯)
最高2万円
三井住友カード プラチナ55,000円(税込)最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円最高2万円
(利用付帯)
最高2万円
ANA VISAプラチナ プレミアムカード88,000円(税込)最高2万円
(*自動付帯*)
最高2万円最高2万円
(利用付帯)
最高2万円
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード143,000円(税込)最高3万円
(*自動付帯*)
最高3万円なしなし

結論から言えば、三菱UFJカード ゴールドか、dカードGOLDを持っておけばいいですね。

  • 国内線のみ使う:2,095円(税込)の三菱UFJカードゴールド
  • 国内外をコスパよく補償:dカード GOLD

年会費無料で保険の強いクレカ

年会費無料でおすすめのクレジットカードは以下の通りです。

  • エポスカード
  • 楽天カード
  • JCB CARD W

この中で一番エポスカードの保険内容が優れています。

また、エポスカードは自動付帯な一方で、楽天カードとJCB CARD Wは利用付帯となっています。

名前 障害死亡保険 障害治療 疾病治療 賠償責任 携行品 救援者 補償期間 付帯条件 家族特約
エポスカード
無料
最高500万円 200万円限度 270万円限度 2,000万円限度 20万円限度
[3,000円]
100万円限度 90日間 自動的に付帯
楽天カード
無料
最高2,000万円 200万円限度 200万円限度 2,000万円限度 20万円限度
[3,000円]
200万円限度 3ヶ月間 旅行代金のカード払い
JCB CARD W
無料
最高2,000万円 100万円限度 100万円限度 2,000万円限度 20万円限度
[3,000円]
100万円限度 3ヶ月間 旅行代金のカード払い

まとめ:自動付帯で優秀なのはdカードGOLD

総合的に年会費と保険で得られるリターンが大きいのはdカードゴールドですね。

dカードGOLDの他に複数持ちもあり!

また、複数持つ場合ならば、dカードGOLDとエポスカードを持てば補償内容も大きくなります。

楽天カードやJCB CARD Wなどの利用付帯のカードと合わせて、3ヶ月末のタイミングでカードを使用すると保険の適応期間を伸ばせます。

ぜひ、参考にしてみてください。