【YouTube機材】動画投稿や撮影におすすめ初心者向け一眼レフ!

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中にはYouTubeを始めてみたいと思っている方や、YouTubeやSNSに動画投稿をする中で綺麗な映像を撮りたいと思っている人も多いでしょう。

そこで今回は初心者におすすめでYouTubeなど自撮りで動画を撮るのにぴったりな一眼レフカメラをご紹介します。

スマホでYouTube動画撮影はできるけど

以前の記事では、YouTube撮影に必要な物としてライトやマイクなど機材をご紹介しました。カメラに関してはスマホで始めてしまおうと言うのが主張でした。

スマホのカメラは圧倒的に進歩していて、スマホさえあれば動画撮影が驚くほど高クオリティで簡単にできます。

ボクもずっと、カメラに定評のあるスマホを使用して撮影を行なっていました。

スマホカメラの弱点

その中で気づいたスマホカメラの弱点もあります。まず、スマホで自撮りをしようと思ったらインカメを使用しないといけません。

スマートフォンのカメラは向上していますが、全力を注いでいるのはアウトカメラがメインです。メーカーはインカメはサブ的な感じで、「綺麗な自撮りがそこそこできればいいよね」というスタンスです。

アウトカメラに比べると、インカメの性能は低くてどうしても綺麗に撮ることができません。ボクもインカメとアウトカメラで撮り比べてみると、アウトカメラで撮影した方が圧倒的に綺麗な映像で驚きでした。滑らかなんですよね。

 

しかし、今度はアウトカメラで撮影しようと思うと画面でモニタリングすることができません。「とりあえずこんな感じかな」と手探りで撮影するしかなかったのです。これはとても不便でした。

もうひとつの理由が、アウトカメラとインカメどちらを使ってもボケ感を演出できなかったことです。確かに写真を撮影するときは、人物撮影モードなどを使えば綺麗にボケのある写真が撮れます。しかし、自撮りでカメラから離れて撮影するとどうしても上手くボケなかったのです。

一眼レフは価格が高い

それで一眼レフの購入を検討を始めます。

しかし、一眼レフは価格がとても高いのです。カメラ好きのみなさんなら当たり前ですが、一般人から考えると信じられません。YouTuberが使用しているカメラは20万円くらいして当たり前です。パソコンが購入できます。

たとえば、HIKAKINなど超有名YouTuberが使用しているカメラはGH5で、20万円くらいします。

さすがにここまでカメラにお金をかけようと思いません。多くのみなさんもそうだと思います。

YouTube動画撮影用に一眼カメラを選ぶポイント

改めて、動画撮影のクオリティを初心者が向上させようと思った時に考えるべきポイントをご紹介します。

  1. 価格が安い
  2. 4Kが撮影可能
  3. バリアングルモニタ
  4. 外部マイク接続可能

まず、価格は当たり前ですね。失敗したくはないです。高級品を買ってもスペックオーバーですし、安すぎても不満足です。ちょうどいい5-10万円くらいを狙うとよいでしょう。

続いて4Kは対応必須です。これから4Kが主流になるので、4Kに備えておかないと数年カメラが持ちません。

バリアングルモニタは自撮りで必須です。スマホの自撮りがしやすいのは、画面が付いているからです。自分がどう映っているかモニタで確認できるだけで撮影のしやすさが違います。

外部マイクは必須です。外部マイクがないと、音がめちゃくちゃ悪いままです。特に一眼レフはレンズと本体の音が入るので、そのままだと聞けやしません。外部マイクを使いましょう。

マイクは以下の物がおすすめです。

【国内正規品】RODE ロード Wireless GO ワイヤレスマイクシステム WIGO
RODE

自分はこちらを使っています。

関連記事

みなさん、こんにちは。華山です。みなさんの中には動画撮影や講演などをしている方はいると思います。その時に音質って気になりませんか。 気軽に買えて使いやすいマイクがあればいいのにと思った人もいるでしょう。そこで今回はおすすめのワイヤレス[…]

Lumixが1番コスパよし

 そこで、動画に強い1眼レフのエントリーモデルを探してみました。その結果、GHシリーズなどと同じブランドであるLumixがよいという事が分かりました。

一部SONY派もいましたが、Lumixを使っているYouTuberがとても多いです。有名人や素人問わず、使っています。

それに対してSONYは、ややコスパが悪いです。Lumixのようにエントリーモデルが充実していないので結構価格帯も高くなります。やや、プロフェッショナル向けかなと思いました。

Lumixならばエントリーモデルも充実しており、何よりフラグシップ機であっても時間が経てばお値打ち価格になります。値段の下げ幅も数万円くらいなので、下がった物を購入するのが1番と思いました。

G7を購入

その結果購入したのがG7です。この他の候補としてGH4がありました。GH4はGHシリーズなのでLumixで1番よいラインです。発売から数年すれば、こちらも値段が落ちていました。4Kで撮影可能なので手軽に綺麗な映像が撮影可能なことには間違いありません。

しかし、難点が重さです。560gもあります。持ち歩くことは全くありませんが、ミニマリスト的に引っ越しの際やスーツケースに入れることを考えると躊躇してしまいしました。

そこで同じく4K撮影可能なG7を購入したのです。金属製のGH4に比べて、こちらはプラスチック製です。その分軽くなっていて、重さが410g程度でした。これだと、iPadくらいの重さです。

別にプラスチックの見た目は気にしないので、これに決めました。では、使ってみての感想です。右も左もカメラのことが分からない初心者が買ってみた場合の感想です。

ボディは普通です。一眼を比べるほど購入した過去がありません。「まあ、こんなもんか」という印象です。

よかったところ

よかったところは、バリアングルモニタがひとつ目です。モニタが回転するので、自撮りも簡単にできます。

スマホと接続可能なので、リモコンとしてスマホを使うことができます。どう映っているのか確認する事もできるので、かなり便利です。

また、外部マイクをつなぐこともできます。一眼レフで動画を撮ると大抵の場合、音声がよくないです。レンズが動く音などを拾ってしまって、かなり雑音が入ります。それを改善するために外部マイクを使用するのですが、きちんと対応しているので音声は気になりません。

そして何より簡単に高画質になります。スマホのインカメ撮影と比べると雲泥の差です。笑えるくらいに綺麗になります。ピントのボケ感があるだけでこれほど映像が綺麗になるのかと感動するくらいでした。

わるかったところ

一方でデメリットです。

スマホに比べてセッティングが容易ではないです。これは当たり前ですね。最悪スマホさえあれば撮影可能ですが、一眼はSDカードやバッテリーなど準備が必要です。バッテリー切れで撮影不可ということもたまにあります。

スマホでの操作が可能なのは嬉しいのですが、接続されるまでに時間がかかります。スマホとカメラ本体で操作するので時間がかかって手間です。機種によって接続方法が変えられますが、Wi-Fiだと時間がかかりました。

スマホで操作可能で、Wi-Fi経由でスマホに動画転送可能です。しかしながら、4Kで転送は不可能です。HD画質まで転送ができるようなので、高画質だと転送が手間です。結局SDカードを使って転送しています。

まとめ

総合的に悪いところもありますが、画質が驚くほど簡単に綺麗になることを考えれば見なかったことにできます。数万円でこれほど画質のクオリティが向上するならば、購入するべきです。

特に初心者YouTuberで今まで動画撮影はiPhoneでやってきて、これからも動画投稿を続けるつもりだと考えている人は早めに一眼を買った方が動画が向上します。

絶対買うべきです。ぜひ、参考にしてみてください。