一人暮らしの家賃を節約する方法!相場や平均も年収や地域別に解説

みなさん、こんにちは。一人暮らしを始めて10年以上経った華山です。

一人暮らしをするとどうしても家賃が支出の大きな割合を占めてしまいますよね。

どうにかして家賃を節約したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は一人暮らしで家賃を節約するコツについてご紹介します。

一人暮らしの家賃の平均

総務省統計局が公開している全国消費実態調査(2014年調査)によると、2014年で全国の一人暮らしの平均家賃はは4万7,638円となっています。

この数字を細かく分けて見てみましょう。

年収別の一人暮らしの家賃の平均

全国消費実態調査(2014年調査)によると、年収別の一人暮らしの家賃の平均は、以下のようになっています。

年収 (単位万円) 家賃
100 未満 3万2,339円
100~150 3万2,399円
150~200 3万6,917円
200~250 4万3,071円
250~300 4万4,193円
300~350 4万8,126円
350~400 5万0,714円
400~500 4万7,540円
500~600 5万4,296円
600 以上 5万9,340円

一人暮らしなので、年収が高くても家賃はかなり安めに抑えているのが特徴的です。

家族暮らしてあれば、広い家が必要になりますが、一人暮らしであれば家賃の支出をミニマムに抑えられます。

地域別の一人暮らしの家賃の平均

地域別に一人暮らしの家賃の平均を見てみると、以下のようになっています。

全 国 4万7,638円
北海道 3万4,539円
東 北 3万2,951円
関 東 5万6,901円
北 陸 3万6,432円
東 海 4万3,401円
近 畿 5万1,212円
中 国 4万2,199円
四 国 3万1,690円
九州・沖縄 3万4,207円

関東圏が最も高く、それに次いで関西が高くなっています。

一方で四国は家賃相場が低めです。

この背景には、大きな都市があるかどうか、また、該当地域の平均賃金が高いかが関わってきます。

しかし、平均賃金が低くて、家賃も高ければ地獄です。東京の貧困層はそういった状況ですね。

一人暮らしで家賃を節約するコツ5つ

一人暮らしで家賃を節約するコツには以下のようなものがあります。

  1. 家賃として払っている料金を見直す
  2. 家賃交渉を行う
  3. 各駅停車が止まるところに引っ越す
  4. 駅から遠い場所に引っ越す
  5. シェアルームやドミトリーに引っ越す

今すぐできることから簡単にはできないものまで選びました。

それでは、順番に解説します。

①家賃として払っている料金を見直す

今まで家賃として払っているものを見直してみましょう。光熱費が家賃に組み込まれていることもありますね。もし、それが安くできるタイプのものならば、すかさず節約しましょう。

あとは、家賃として払っている料金が適切なのかどうか改めて見直してみましょう。

②家賃交渉を行う

家賃交渉を行ってみると、大家さんが家賃を下げてくれるかもしれません。

最大の家賃交渉のチャンスは契約の更新時ですが、安くできる可能性はいつだってあります。具体的には、周辺の賃貸と比べて自分のところの価格は適切かどうか、経年劣化や設備に不具合があれば安くできないかどうか、さまざまな交渉材料があります。

③各駅停車が止まるところに引っ越す

今の物件が高ければ、各駅停車が止まるところに引っ越しましょう。

これは単純に急行電車が停まる駅よりも、各駅停車しか停まらない駅の方が家賃相場が下がるからです。

たとえば、東京で大人気の東急東横線ならば、中目黒ではなく祐天寺という感じですね。

④駅から遠い場所に引っ越す

今の物件が高ければ、駅から遠い場所に引っ越しましょう。

駅まで徒歩5分の物件よりも、駅まで20分の物件の方が安くなります。そういった物件を選んでも場所によっては他の路線が使えたり、自転車なら速かったりするので引っ越してしまえば気になりません。

⑤シェアルームやドミトリーに引っ越す

今の物件が高ければ、シェアルームやドミトリーに引っ越しましょう。

この方法が最もヒントとしてはおすすめです。

海外では、シェアルームやドミトリーに社会人が住んでいることも普通です。さらに一度、シェアルームやドミトリーを経験してしまえば、意外に満足できることに気がつくでしょう。

ベッド上はプライベート空間として確保されており、共有スペースはカフェ感覚でさまざまな作業ができます。

そして、もしシェアルームやドミトリーに引っ越した時のシュミレーションの一例をご紹介します。

東京都港区の新橋駅周辺のワンルーム家賃相場は、HOMESによるとおよそ13万円です。

しかし、シェアルームやドミトリーの場合、5万円ほどになります。それでオフィス街の新橋に歩いて通えるので、利便性はかなり良好です。

しかも、旅のサブスク【HafH(ハフ)】などのサービスを利用すれば、全国のシェアルームやドミトリーに住み放題になります。

関連記事

みなさん、こんにちは。ホテル暮らしをしている華山です。 家を持たない暮らしは楽ですが、いろいろ心配事もありますよね。 特に最近では旅のサブスク HafH (ハフ) が出てきて、このサービスを使っている人も多いです。 しかし、HafHはお得な[…]

まとめ

今回は一人暮らしの家賃を節約するコツについてご紹介しました。

  1. 家賃として払っている料金を見直す
  2. 家賃交渉を行う
  3. 各駅停車が止まるところに引っ越す
  4. 駅から遠い場所に引っ越す
  5. シェアルームやドミトリーに引っ越す

中には難しいものもありますが、中には実践しやすいものもあります。

ぜひ、家計改善のために参考にしてみてください。

みなさん、こんにちは。華山です。毎日身に着けるものはこだわりたいものですよね。 特に、見落とされがちですが、靴下はパフォーマンスに直結します。 そこで今回はドン・キホーテの靴下についてレビューしたいと思います。 株式会社UCS「majica donpen card」はドンキホーテでお得に使えるカード […]

みなさん、こんにちは。華山です。タブレットを持っている人は、ガジェット好きでなくても多くの人が所有するようになりましたよね。 ただ一方で、タブレットの種類も多くなって、どの機種がいいのかよく分かりませんよね。そこで今回はミニマリストであるボクが、iPad 9.7インチをおすすめする理由をご紹介したい […]

みなさん、こんにちは。華山です。 夏は汗対策が大変ですよね。制汗剤を使うのもよいですが、1番手っ取り早いのは、衣類を変えることです。 そこで今回は制汗対策にとてもおすすめな、無印良品のサッカーパンツについてご紹介します。 無印のサッカーパンツは年ごとにデザインをマイナー変更しながら販売されています。 […]

みなさん、こんにちは。毎日の生活を便利にしてくれるものってたくさんありますよね。こんなもので世界が変わるのだろうかと思っても、使ってみると全く違う生活になるものです。 そこで今回は生活が変わる、無印良品のケースポリエステル吊るせるケース小物ポケットについてご紹介します。 ポリエステル吊るせるケース小 […]

みなさん、こんにちは。華山です。日々の香水をつけて楽しんでいますか。 いろいろな香水の種類がありますよね。 そこで今回はCHANEL(シャネル)のEGOISTE PLATINUM(エゴイストプラチナム)についてご紹介したいと思います。 目次 1 CHANEL(シャネル)のEGOISTE PLATIN […]