ホテル暮らしの食事!食費を節約して健康を保つには?

ホテル暮らしをすれば、みんな悩むことがあります。その代表的なものが洗濯と食事です。

今回はホテル暮らしを続けているボクが=食事はどうするべきなのか、解決策をご紹介します。

こちらはホテル暮らしをしているボクの荷物をまとめた写真集です。
スーツケースとバッグパックに便利グッズと必要なものを詰めたので参考にしてください!

ホテル暮らしに興味をお持ちの方は、こちらに生活のメリット・デメリットをまとめています。

ホテル暮らしの食事

ホテル暮らしの食事としては以下の選択肢があります。

  1. 弁当を購入する
  2. 外食する
  3. 自炊する

ホテルには自炊環境が整っていないので、外食か弁当が現実的な選択肢になります。食費換算で3万円程度になるでしょうか。

また、どうしても栄養が偏りがちなので、野菜ジュースはいつも購入しています。

順番に解説します。

①弁当を購入する

コンビニやスーパ=で売っている弁当を購入して食べます。

コンビニ弁当はあまり栄養がよくないので、スーパーの方が価格的にも安いのでおすすめです。

また、弁当専門店はもちろんながら最近では飲食店でのテイクアウトメニューも増えてきました。

弁当より値段は高くなりますが、バリエーションも多くて味も美味しいです。

自炊が面倒だと言う人は「食宅便」がおすすめです。
栄養士が管理した食材である冷凍のおかず7食セットが家に届きます。
1食分は、主菜を含め、約20種類の食材を使用した5つのおかずで構成されており、買い物に行く手間が省けて時短になるのはもちろん、スーパーでうっかり多く買ってしまったということがないので、安く済みます。

②外食する

レストランなどで外食します。

この方法が一番簡単ですが、食費はかなりかかります。特に東京都心だと1食1000円はかかるので1日の食費が3000円になります。

牛丼屋やそば屋などのチェーン店が近くにあれば1食500円程度で済むのでホテル選びの時に参考にするといいでしょう。

また、テイクアウトすれば店内で食べるよりも10%くらい安いメニューがたくさんあります。

③自炊する

ホテルに自炊環境がないので、自炊するのはハードルが高いです。

しかし、自炊グッズを持ち込めば簡単な料理が可能です。

おすすめのアイテムは以下の通りです。

日本最小(たぶん)のIHクッキングヒーターです。ドリテックというメーカーのものがコンパクトでおすすめです。

そして、鍋はキャプテンスタッグのラーメン鍋です。湯を切るところがあるのでザルいらず、そして持ち手も畳めるので収納に便利です。何より軽い!

さらに湯せんするためのん便利グッズとして、フリーザーバッグも持ち歩いてます。

お皿やコップなど小さなアイテムはこちらをご覧ください。

関連記事

メンズミニマリストのキッチンアイテム2021年最新版 [table id=1 column_widths="30%|30%|20%|20%" /][…]

自炊グッズがあれば以下のような料理が可能です。

  • パスタ
  • ラーメン
  • ほかほかご飯
  • もやし炒め
  • 鍋料理

麺類は茹でるだけなので簡単です。また、ご飯もサトウのご飯などを湯せんで上手く温めればアレンジしたご飯料理が楽しめます。

それから油が必要なので注意すべきですが、もやし炒めもできます。材料が安いのでいいですね。

そして、冬にはぴったりな鍋料理です。スーパーでは鍋セットも販売しているので、上手く使っていきたいところです。

ちなみにボクはご飯ものメインで献立を回しています。

ホテル暮らしの食事代を節約するには?

ホテル暮らしの食事代を節約するには、自炊するのが1番です。

ホテルに調理器具(持ち込み禁止のホテルもあります)を持ち込めば簡単な調理が可能です。

そうすれば、食事代金を抑えられます。

また、朝食付き、もしくは朝夕2食付きプランのあるホテルを選べば、ホテル代の中に食事が含まれるので節約できます。

ホテル暮らしの食事で健康を保つ方法

ホテル暮らしの食事ではどうしても食事が偏りがちなので、健康を害しやすいです。

そのため、最低限として野菜ジュースやサプリメントを購入しておきましょう。ボックスで購入してホテルで受け取れば楽です。

また、安い日を狙ってdショッピングのサンプル百貨店で仕入れる方法もあります。

華山未来研究室

dショッピングはdocomoのショッピングモールで、dポイントが使用できます。 しかし、価格が高く独特の品揃えなので、ど…

HafHは定額でホテルに泊まれるサービスです。

HafHコインを使いこなせば、高級ホテルにお得に泊まれることで話題です。また、自分のライフスタイルに合ったホテル暮らしを送れます。

ぜひ、この機会に契約を検討してみてください!

まとめ

今回はホテル暮らしの食事について詳しくご紹介しました。

自炊のようにキッチンが使えるわけではないので、栄養確保が難しい側面がありますが工夫すると対応可能です。

ぜひ、参考にしてください。