ギョサンとは?メンズにおすすめの色やおしゃれコーデ紹介!サイズ感は?

みなさん、こんにちは。華山です。

みなさんは、夏に出かける時、どういった靴を履いていますか?

夏のお出かけに靴を履くのは暑くてキツいですよね。

そこで今回は、ちょっと外出するときにピッタリな、涼しくて滑らないPearl(パール)の「ギョサン」についてご紹介します。

ギョサンとは

ギョサンとは、漁業に従事する人たちが履いているサンダル、つまり漁業用サンダルのことです。これを略して「ギョサン」と言います。

見た目は旅館のトイレなどに置いてあるサンダルに近いですが、機能性が大きく異なります。水に強く全く滑りません。

ギョサンのメリット2つ

ギョサンのメリットは以下の通りです。

  • 水に強くて滑らない
  • コスパがよくて長持ちする

それぞれ順に詳しくみてみましょう。

水に強くて滑らない

ギョサンのメリットはなんと言っても滑らないことです。

雨の日でも道に水たまりがあっても、ちょっとやそっとじゃ絶対に滑りません。

ギョサンの由来となった、漁師はいつも濡れたところで仕事しているので、簡単に滑ってしまったら困りますよね。そのための対策として生まれたのがギョサンです。1度地面をホールドしたら絶対に滑りません。

 

ボクはギョサンを履く前、某ファストファッション店で購入したビーチサンダルを使用していました。いわゆる底がツルツルになっているもので、値段は安いですが耐久性も悪かったです。

雨の日になって、タイルの上などを歩くととても滑ります。雨の日にそのビーチサンダルを履いて走るなんてなると、大変なことになります。危険といっても過言ではありませんでした。

 

しかし、ギョサンを購入してからそういったことは全くなく、雨の日でも全く地面を気にせず歩けました。ちなみにボクは海に行く時もこのギョサンを必ず持っていきます。ビーチの旅のお供にギョサンは必須といえるほどまでになりました。

コスパがよくて長持ちする

ギョサンは1,000円程度で購入できるのにもかかわらず、数年は履き潰せます。耐久性が優れていて、コスパがとてもいいです。

先ほども少し触れましたが、一般的なビーチサンダルと比べると作りが抜群にしっかりしていて、頑丈です。

ボクはすでに3年間ギョサンを履いているのですが、壊れるなど大きなトラブルに見舞われていません。ビーチサンダルを買うのがバカらしくなってくるほどです。

 

ギョサンはダサい?おしゃれに見える方法

ギョサンがダサいと言われる理由は、便所サンダルに似ているからです。

逆に言えば、便所サンダルに見えない色を選べば、カッコよくおしゃれに見えます。

具体的には、茶色などあからさまにトイレのサンダルに似ているものを避けましょう。

ギョサンのおすすめの色は?メンズでもおしゃれに見える

ギョサンのおすすめの色は、間違いなくブラックです。ギョサンは形が特徴的なので、色が入ったサンダルを購入すると、ギョサンが主張しすぎてしまってコーディネートがダサくなります。

たとえば、ボクが愛用しているカリプソタイプのブラックモデルは違和感なくカッコよくコーディネート可能です。

この格好で違和感なくおしゃれ大学の慶應に通いました。

最初はボクも絶対ダサくなるだろうなと思っていたのですが、夏だと麻のパンツと合わせて履くことによって涼しい雰囲気になりました。

関連記事

みなさんこんにちは!ファッション系ミニマリストの華山です。 夏になると、何を着るか意外に迷いませんか。特にズボンは汗をかきやすいので、慎重に選ばなければなりません。 そこで今回はユニクロや無印良品をはじめとしたおすすめのリネンパ[…]

他のおすすめのカラー!レディースは派手めOK

さらにカラーバリエーションも多く、自分の好みの色を選ぶとよいのではないでしょうか。中には、スケルトン素材になっているものもあるので、ファッション性を追求するのならばそちらもおすすめです。

茶色以外はスタイリッシュでカッコいいですね。

レディースだとこれとか。海に映えそう。

めちゃくちゃカッコいい蛍光メタルもある。

ギョサンのサイズ感

ギョサンのサイズは、日本人にジャストサイズだと思います。つまり、商品特有の大きさなど余計な計算をする必要がありません。

具体的には、メンズのカリプソタイプでは以下のようなサイズになっています。

画像引用:ギョサンネット

まとめ

今回はギョサンについての記事をお届けしました。高城剛さんも履いているギョサンです。ボクも高城さんがきっかけで履くようになりました。今では近所に出かけるときはギョサンですし、夏になると東京のあちこちをギョサンで歩いています。

どうして早く買わなかったのだろうと後悔してしまうほど、気に入っています。余談ですが、東京からジャカルタまでこのギョサンで行ってきました。南国に行かれる方にもおすすめです。

そして、これだけの機能性を兼ね備えているのに1,000円以下で買えてしまうコストパフォーマンスも最強です。ぜひ、この機会に試してみてはいかがでしょうか。ギョサンだけに滑らない記事だと思っていただけたら幸いです。

ボクが愛用しているギョサンはこれです。

関連記事

どうもみなさん、こんにちは!華山です。 外出するときに「靴」は必須ですよね。お洒落は足元からと言いますし。 そこで、ミニマリスト系バンドマンであり、モデルのボクが「少ない靴でいかにお洒落になるのか」というテーマで、下駄箱の中を公[…]

関連記事

みなさん、こんにちは。いやー、もうすごいですよ。何がすごいかってドンキの情熱価格です。 今回は、そのお話です。今までボクは情熱価格のポテンシャルに注目してきました。圧倒的なコストパフォーマンスで良い商品を販売しています。今回は、情熱価[…]

関連記事

みなさん、こんにちは。華山です。服の断捨離をするのもよいですが、他の人がどれくらいクローゼットの中に服を入れているのかなど、ワードローブが気になりますよね。そ こで今回は、ミニマリストであるボクがワードローブについてご紹介します。 […]